ECパッケージとは

「ECパッケージ」のECとは、electroniccommerceの略で電子商取引のことをいい、ECパッケージとは、多くはネットショップを開業する際、必要な機能、例えば管理画面や商品画面、商品検索機能などを一揃えにしたもののことをいいます。ECパッケージは大きく分けて「オープンソース」での無料のものと、有料の2種類があります。

無料のものは、大勢の人が手を加えて作り上げたもので、無償でダウンロードして利用することができますが、デザインを変えたり機能を追加したりする場合は自分でしなければなりません。有料のものは、ECパッケージを買い取り、開発・販売業者に頼んで高度な機能を付加することもでき、在庫管理や店頭のシステムと連動するなど、独自の要望も可能となり、大規模なネットショップに向いています。

基本的な構造は、まず表紙であるトップページに新着商品や新着情報を表示し、それをクリックすると商品表示のページが現れ、値段の安い順、高い順、人気のある順などソート表示をし、おすすめや残りわずかといったアイコン、在庫ゼロ、売り切れという表示も設定されます。そして実際にお客さんが買い物をするショッピングカートの設定やマイページ、会員登録、お問い合わせフォーム、店舗の紹介や店長のブログなど、様々な機能が設定されます。管理画面では商品を登録したり、顧客の管理をしたり、受注の管理や売り上げの集計、メールマガジンの配信などの機能があります。


▽管理人特選サイト
クラウド環境下でECサイトを作ることが出来るECパッケージです・・・ECパッケージ クラウド

Copyright © 2014 ECパッケージ活用術 All Rights Reserved.